「下水道管更生技術施工展2018神戸」にピケスト協会の「ペンタフ株式会社」様が出展いたしました。

平成30年9月27日に「下水道管更生技術施工展2018神戸(主催:(公社)日本下水道管路管理業協会)」にピケスト協会の「ペンタフ株式会社」様が出展いたしました。

内容は衝撃弾性波検査ロボット、浮流カメラ、マンホールステーション、ヘロン社テープ水位計等の出展をし、多くの方々のご来場をいただき盛況のもと無事終了いたしました。

説明風景その1
説明風景その1
説明風景その2
説明風景その2


「衝撃弾性波検査法診断技士認定講習・試験」を実施いたしました。

平成30年9月13日(木)、14日(金)に管路協研修センターにて「衝撃弾性波検査法診断技士認定講習・試験」を実施いたしました。

5社13名の方が受講し、筆記試験と実技試験を行い、特に実技試験では、一人一人が弾性波ロボットの組み立て、オペレータ、ロボット回収まで実施し苦労されていましたが、全員合格をいたしました。

講義風景その1
講義風景その1
講義風景その2
講義風景その2


実技風景その1
実技風景その1
実技風景その2
実技風景その2

「下水道清掃調査・更生・耐震化技術デモ施工見学会」が開催されました。

平成30年8月29日に「下水道清掃調査・更生・耐震化技術デモ施工見学会」が栃木県下水道管理事務所県央浄化センターで開催されました。(主催:(公社)日本下水道管路管理業協会関東支部栃木県部会)

栃木県下16の市町約50名と関連団体約50名の参加でピケスト協会として衝撃弾性波検査法についてデモ、説明をいたしました。

第13期定時総会 第13期定時総会
第13期定時総会

日本下水道新聞に、第13期定時総会の記事が掲載されました。

このほど日本下水道新聞に、第13期定時総会の記事が掲載されましたのでお知らせいたします。

第13期定時総会
⇒記事全文はこちらのPDFをご覧ください。

衝撃弾性波検査法診断技士認定試験・講習会開催の案内

平成30年9月13日(木)、14日(金)に、衝撃弾性波検査法診断技士資格認定講習・試験を実施いたします。

  • 日時・・・・・平成30年9月13日(木)、14日(金)
  • 場所・・・・・日本下水道管路管理業協会研修センター(埼玉県朝霞市)
詳細については、追って連絡いたします。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。


第13期管路品質評価システム協会総会が開催されました。

平成30年6月19日(火)に第13期管路品質評価システム協会総会が開催されました。

  • 日時・・・・・平成30年6月19日(火)16:00~18:00
  • 会場・・・・・ホテルメトロポリタンエドモント
  • 参加社数・・・31社63名
議案
① 2017年度事業活動報告
② 2017年度会計報告及び監査報告
③ 2018年度役員の選出
④ 2018年度事業計画(案)
⑤ 衝撃弾性波検査法を活用した耐震診断

報告事項
① 協会ホームページの改定について
② 新規特別会員の入会
・富山県立大学工学部環境・社会基盤工学科准教授
 内田 愼哉
・大阪大学大学院工学研究科社会基盤設計学領域助教
 寺澤 広基
・徳島大学工学部建設工学科准教授
 渡辺 健
なお、総会に出席された内田先生、寺澤先生に特別講演をしていただきました。
講演資料はこちらのPDFをご覧ください。
⇒内田先生の講演資料はこちら
⇒寺澤先生の講演資料はこちら

第13期管路品質評価システム協会総会

東京都世田谷区役所向けに衝撃弾性波検査法のデモ施工を実施いたしました。

11月11日(金)、東京都世田谷区役所向けに衝撃弾性波検査法のデモ施工を行いました。

総会資料 総会資料


11月1日付で株式会社エフ・ディ・サービス様が協会に新規入会されました

今般、東京都八王子市の株式会社エフ・ディ・サービス様が、株式会社環境システムサービス様からのご紹介で当協会に新規入会されました。
今後、衝撃弾性波検査法を中心とした協会保有技術の採用拡大に貢献頂けると、期待しております。

SPR工法協会主催「管路施設維持管理技術研修会」に出展しデモ施工を実施いたしました。

10月28日(金)行われたSPR工法協会主催「管路施設維持管理技術研修会」に出展し、デモ施工を行いました。内容は下記のとおりです。

・圧力チップを使った水位スクリーニング
・衝撃弾性波検査法

総会資料


下水道管更生技術施工展 2016千葉に出展しデモ施工を実施いたしました。

10月20日(木)に行われた下水道管更生技術施工展 2016千葉に出展し、デモ施工を行いました。内容は下記のとおりです。

・圧力チップを使った水位スクリーニング
・衝撃弾性波検査法

総会資料 総会資料


管清工業株式会社の新技術・工法

このたび、管清工業株式会社の新技術・更生工法を本ウェブサイト上で公開いたしましたのでお知らせいたします。
今回ご紹介するのは次世代の管路水密性試験の新技術「エレクトロスキャン」と環境に優しく経済的な加圧一体式注入工法「KJ工法」の2種で、 いずれも新設から維持管理に移行している下水道管のヘルスケアに極めて有効な物となっております。
詳しくは「会員ページ」にてご覧いただけます。 また「資料ダウンロードページ」にPDFを公開しておりますので、ぜひご活用くださいますようお願いいたします。

衝撃弾性波検査法診断技士資格認定講習・試験案内

平成28年9月6日(火)、7日(水)に、衝撃弾性波検査法診断技士資格認定講習・試験を実施いたします。
参加ご希望の方は下記事務局担当者あてにメールでご連絡ください。 折り返し、受験申込書等をお送りいたします。なお、参加人数に制限がありますので日程調整することがございますのでご了承ください。
内容も詳細につきましては下記PDF資料をご覧ください。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

事務局担当者:ピケスト協会診断技士担当 後藤、山村(株式会社リハビリ・リサーチ・ラボラトリー内)
E-mail:yamamura018@sekisui.com
TEL:03-5968-5072

衝撃弾性波検査法診断技士資格認定講習・試験案内


総会の講演会資料をアップいたしました。

6月23日に開催いたしました総会の講演会資料をアップいたします。販促資料として、ぜひお使いください。

総会資料 総会資料 総会資料


衝撃弾性波と展開カメラのデモ見学会を開催しました。

6月29日、会津若松市様の実管路にて衝撃弾性波と展開カメラのデモ見学会を開催いたしました。会津若松市様も含め5市町村様とコンサルタント会社様3社が参加されました。

衝撃弾性波と展開カメラのデモ見学会 衝撃弾性波と展開カメラのデモ見学会 衝撃弾性波と展開カメラのデモ見学会 衝撃弾性波と展開カメラのデモ見学会


2015年度土木学会授賞式が行われました。

このほど2015年度土木学会授賞式が行われ、「弾性波による下水道用鉄筋コンクリート管の劣化診断技術(衝撃弾性波検査法)の開発」が学会技術開発賞を受賞しました。

  • 日時・・・平成28年6月10日(金)
  • 会場・・・屋内:ホテルメトロポリタンエドモント(東京都)

2015年度土木学会授賞式 2015年度土木学会授賞式 2015年度土木学会授賞式


水道産業新聞に、衝撃弾性波検査法の土木学会受賞の記事が掲載されました。

このほど水道産業新聞に、衝撃弾性波検査法の土木学会受賞の記事が掲載されましたのでお知らせいたします。該当箇所は赤で印をつけておりますのでご覧ください。

土木学会受賞記事


2016年度PQEST協会の総会日程が確定しました

2016年度PQEST協会の総会日程が確定しましたのでお知らせいたします。

会場につきましては昨年と同じ場所を予定しております。
なお、新年度に入りましたらあらためて会員様へはご案内しますのでよろしくお願い申し上げます。。

茨城県で衝撃弾性波検査法研修会を開催しました。

2月19日に、茨城県で衝撃弾性波検査法研修会を開催しました。

  • 日時・・・平成28年2月19日(金)13時30分~16時00分
  • 会場・・・屋内:中川ヒューム管株式会社6階研修室/屋外(デモ会場):つくば国際高校隣接地
  • 主催・・・当協会
  • 後援・・・公益社団法人 日本管路管理業協会茨城県部会
研修会には県を含む6つの公共団体から12名が参加(後援団体を含めると18名)。
屋内会場でのビデオの閲覧や概要及び活用事例についての研修、屋外での衝撃弾性波検査法デモ等を行いました。

衝撃弾性波検査法研修会


月間下水道2月号にペンタフ株式会社・後藤社長による管路調査に関する文書が掲載されました。

このほど発刊されました月間下水道2月号に、当協会理事のペンタフ株式会社・後藤淸社長による管路調査に関する文書が掲載されました。スクリーニング調査について実例を用いて様々な視点から著されています。

月間下水道2月号


河内長野市で衝撃弾性波検査法の説明会を行いました。

このほど大阪府河内長野市において衝撃弾性波検査法の説明会を行いました。関係者の皆様に対し、ロボットの実物等を用いて説明いたしました。

河内長野市説明会.jpg


2015年10月27日付の日刊工業新聞に、非破壊検査・計測・診断技術として衝撃弾性波検査法が掲載されました。

産業・社会インフラ・モノづくりに役立つ技術の特集で、衝撃弾性波検査法による定量的下水道管渠劣化診断技術が掲載されました。

2015年10月27日日刊工業新聞

ペンタフ株式会社が下水道管更生技術施工展2015岡山に出展しました!

10月22日に倉敷市児島下水処理場で行われた下水道管更生技術施工展に、PQEST協会会員のペンタフ株式会社が出展。不明水調査の最新技術をはじめ、衝撃弾性波検査法などを展示し、デモ説明会を行いました。

下水道管更生技術施工展

下水道展の積水化学ブースでRRLの調査・診断技術をご紹介しました!

7月28日から31日にかけて東京ビッグサイトで行われました下水道展2015において、積水化学工業株式会社のブース内でリハビリ・リサーチ・ラボラトリーの調査・診断技術をご紹介しました。
衝撃弾性波ロボットのほか、スマートボールや高分子ピエゾ等を展示、説明しました。

河内長野市説明会.jpg


RRLがインフラ検査・維持管理展に出展しました!

7月22日から24日にかけて東京ビッグサイトで行われましたインフラ検査・維持管理展に、リハビリ・リサーチ・ラボラトリーが出展しました。 目的別に技術や機材を「視る」「叩く」「測る」「聴く」の4つにカテゴライズし、衝撃弾性波ロボットをはじめ、高分子ピエゾ、傾斜測定器等、スマートボール等を展示、説明しました。

河内長野市説明会.jpg


第10回定時総会を行いました。

このほど当協会は第10回定時総会を行いました。鎌田会長の挨拶をはじめ会の様子は下の写真の通りです。

鎌田会長
鎌田会長の挨拶


後藤社長
後藤社長


石堂部長
石堂部長

国総研下水道研究室より、スクリーニング調査技術を核とした管渠マネジメントシステム技術導入ガイドライン(案)が示されました。

導入ガイドライン表紙

2014年9月9日付の日本経済新聞(夕刊)の特集「インフラ点検 人手頼らず 新技術で自動化」に衝撃弾性波検査法の記事が掲載されました。

2014年9月9日_日本経済新聞(夕刊).jpg


7月3日(木)
寒川町下水道課ご担当者6名参加

寒川町下水道課ご担当者6名参加

実管路を対象にしたデモ(88m)
実管路を対象にしたデモ(88m)

平成26年7月
「ペンタフ㈱の後藤運営委員長が「滋賀県市町土木技術職員専門研修会」にて
管路の維持管理についてのポイントについて説明されました。(7月9日)」
■参考資料
20140716a.jpg
管路の維持管理とポイント


20140716b.jpg
「42_劣化の見える化」部分の補助資料「叩いて診る」

平成26年7月
月刊「基礎工」7月号に 鎌田会長が「弾性波によるコンクリート下水管の劣化診断技術 ―現場測定結果と評価方法―」を寄稿されました。


月刊基礎工.jpg
 
平成26年1月 大阪大学工業会誌テクノネットに 鎌田会長が衝撃弾性波法の紹介を寄稿されました。

2014-01-14.jpg

土木学会誌11月号に鎌田会長が衝撃弾性波法の紹介を寄稿されました。
ぜひご覧ください。

衝撃弾性波法の紹介

「衝撃弾性波法による鉄筋コンクリート管の耐荷性能の非破壊評価方法に関する研究」の論文が
コンクリート工学会年次大会において「年次論文奨励賞」を受賞いたしました

Article_2013-07-18.jpg

2013年3月13日付の日本下水道新聞に「三田市 衝撃弾性波検査法」の記事が掲載されました。
newspaper_2013-03-13.jpg

9月19日付の日本下水道新聞「管路の包括的民間委託」の特集に衝撃弾性波検査法の記事が掲載されました。
9月19日付 日本下水道新聞掲載記事(PDF)

9月19日付 日本下水道新聞「管路の包括的民間委託」の特集への掲載